山路 閑古(読み)ヤマジ カンコ

20世紀日本人名事典の解説

山路 閑古
ヤマジ カンコ

昭和期の化学者,俳人,古川柳研究家



生年
明治33(1900)年10月13日

没年
昭和52(1977)年4月10日

出生地
静岡県静岡市鷹匠町

本名
萩原 時夫(ハギワラ トキオ)

学歴〔年〕
東京帝国大学理学部卒

経歴
東京高等商船学校などを経て、共立女子大教授となった。川柳を阪井久良岐に、俳句を高浜虚子に、俳諧連句を根津芦丈に学び、古川柳研究では第一人者といわれた。昭和37年神奈川県・大磯町の鴫立庵第19代庵主となり、在庵15年に及んだ。著書に「古川柳」「末摘花夜話」「古川柳名句選」「鴫立庵記」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android