山野 忠彦(読み)ヤマノ タダヒコ

20世紀日本人名事典の解説

山野 忠彦
ヤマノ タダヒコ

昭和・平成期の樹医 日本樹木保護協会名誉会長。



生年
明治33(1900)年

没年
平成10(1998)年9月25日

出生地
大阪府大阪市

学歴〔年〕
善隣商(旧朝鮮)卒

主な受賞名〔年〕
朝日森林文化賞(自然保護奨励賞 第4回)〔昭和61年〕,吉川英治文化賞(第22回)〔昭和63年〕,関西大賞(さわやか賞 第3回)〔昭和63年〕,みどりの日功労賞〔平成2年〕

経歴
3歳で京城へ。山林や鉱山などを経営したが、昭和21年無一文で引き揚げ。荒れるにまかせた神社仏閣の古木の多いのに気づき、33年より樹木保護の道に。独学で薬剤や土壌を研究し、35年日本樹木保護協会を設立、会長。44年から全国治療行脚に出て金沢・兼六園、奈良・法隆寺の松、大阪・御堂筋のイチョウ並木、広島の被爆エノキなどの古木、名木1200本を青々とよみがえらせ、“樹医”を名乗る。著書に「木の声がきこえる」がある。平成元年写真家・根岸佐千子による“樹医”の写真展が開かれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android