コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山陰とブラジル移民

1件 の用語解説(山陰とブラジル移民の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

山陰とブラジル移民

移民船第1号の笠戸丸が神戸港を出港した1908年以降、鳥取、島根両県からはそれぞれ2千人ほどがブラジルへ渡った。現地では今も両県の県人会が活動している。両県ともに、県出身者の子孫を対象に留学生、技術研修員として受け入れる一方、日本語教員や伝統芸能の指導者らをブラジルへ派遣して交流を深めている。

(2010-01-05 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山陰とブラジル移民の関連キーワード出港出船出帆発港紫雲丸事故日本ブラジル交流年ベイ・シャトル黒沼百恵田辺秋庭水上浩躬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone