山陰合同銀行[株](読み)さんいんごうどうぎんこう

百科事典マイペディアの解説

山陰合同銀行[株]【さんいんごうどうぎんこう】

島根・鳥取を地盤とする地銀中位行。2県の指定金融機関。1889年に島根県に松江銀行が,1894年に鳥取県に米子銀行が創業。1941年両行が合併し,島根・鳥取2県にまたがる唯一の普通銀行となる(現在は第二地銀あり)。1991年ふそう銀行を救済合併。本店松江市。2011年資本金207億円,2011年3月期経常収益971億円。売上構成(%)は,中小企業等向け61,住宅・消費者向け21。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android