山陰合同銀行[株](読み)さんいんごうどうぎんこう

百科事典マイペディアの解説

山陰合同銀行[株]【さんいんごうどうぎんこう】

島根・鳥取を地盤とする地銀中位行。2県の指定金融機関。1889年に島根県に松江銀行が,1894年に鳥取県に米子銀行が創業。1941年両行が合併し,島根・鳥取2県にまたがる唯一の普通銀行となる(現在は第二地銀あり)。1991年ふそう銀行を救済合併。本店松江市。2011年資本金207億円,2011年3月期経常収益971億円。売上構成(%)は,中小企業等向け61,住宅・消費者向け21。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android