コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐阜の地酒

1件 の用語解説(岐阜の地酒の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

岐阜の地酒

長良川、飛騨川、木曽川揖斐川などの清流からの伏流水と、大粒でたんぱく質の少ない県産の米「ひだほまれ」を使用した酒が多い。日本酒造組合中央会によると、3月現在、同組合員の蔵元は全国に1519社あり、県内には48社(岐阜地区5、西濃地区8、中濃地区10、東濃地区13、飛騨地区12)。県酒造組合連合会の担当者は「岐阜の地酒は端麗ですっきりとした飲み口のものが多い。県内一円に蔵元があるのも特徴で、それぞれの特性を生かした味を飲み比べてほしい」という。

(2014-05-19 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岐阜の地酒の関連キーワード木曽川長良川飛騨川飛騨木曽川国定公園・飛驒木曾川国定公園・飛騨木曾川国定公園・飛驒木曽川国定公園飛騨木曽川国定公園木曽三川木曽川水系連絡導水路木曽川水系連絡導水路事業岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲木曽屋岐阜県揖斐郡揖斐川町長良

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岐阜の地酒の関連情報