コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐阜県可児市 かに〈し〉

1件 の用語解説(岐阜県可児市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕可児〈市〉(かに〈し〉)


岐阜県南部、木曽川の南岸に位置する市。
2005年(平成17)5月、可児郡兼山町を編入して現在の姿となる。兼山地区は可児郡御嵩町を挟んだ飛地となっている。旧・可児市は岐阜市、名古屋市ベッドタウンとして発展。自動車部品などの輸送用機器、機械・金属工業が盛ん。志野焼・織部焼の伝統を継ぐ陶磁器工場も数多い。兼山地区は森蘭丸(もりらんまる)の出生地として知られ、戦国時代には城下町として栄えた。森家の居城のあった金山城跡が残る。明智光秀(あけちみつひで)の生誕地明智城址、兼山湊跡などの史跡のほか、花フェスタ記念公園、可児川下流域自然公園などがある。太田橋付近の今渡地区は日本ライン下りの出発点。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岐阜県可児市の関連情報