岐阜県可児市(読み)かに〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕可児〈市〉(かに〈し〉)


岐阜県南部、木曽川の南岸に位置する市。
2005年(平成17)5月、可児郡兼山町を編入して現在の姿となる。兼山地区は可児郡御嵩町を挟んだ飛地となっている。旧・可児市は岐阜市、名古屋市のベッドタウンとして発展。自動車部品などの輸送用機器、機械・金属工業が盛ん。志野焼織部焼の伝統を継ぐ陶磁器工場も数多い。兼山地区は森蘭丸(もりらんまる)の出生地として知られ、戦国時代には城下町として栄えた。森家の居城のあった金山城跡が残る。明智光秀(あけちみつひで)の生誕地明智城址、兼山湊跡などの史跡のほか、花フェスタ記念公園、可児川下流域自然公園などがある。太田橋付近の今渡地区は日本ライン下りの出発点。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岐阜県可児市の関連情報