コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐阜県可児市 かに〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕可児〈市〉(かに〈し〉)


岐阜県南部、木曽川の南岸に位置する市。
2005年(平成17)5月、可児郡兼山町を編入して現在の姿となる。兼山地区は可児郡御嵩町を挟んだ飛地となっている。旧・可児市は岐阜市、名古屋市のベッドタウンとして発展。自動車部品などの輸送用機器、機械・金属工業が盛ん。志野焼織部焼の伝統を継ぐ陶磁器工場も数多い。兼山地区は森蘭丸(もりらんまる)の出生地として知られ、戦国時代には城下町として栄えた。森家の居城のあった金山城跡が残る。明智光秀(あけちみつひで)の生誕地明智城址、兼山湊跡などの史跡のほか、花フェスタ記念公園、可児川下流域自然公園などがある。太田橋付近の今渡地区は日本ライン下りの出発点。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

岐阜県可児市の関連キーワード岐阜県可児市久々利柿下入会岐阜県可児市下切谷迫間入会岐阜県可児市みずきケ丘岐阜県可児市清水ケ丘岐阜県可児市羽生ケ丘岐阜県可児市広眺ケ丘岐阜県可児市愛岐ケ丘岐阜県可児市美里ケ丘岐阜県可児市帷子新町岐阜県可児市光陽台岐阜県可児市谷迫間岐阜県可児市桜ケ丘岐阜県可児市大森台岐阜県可児市若葉台岐阜県可児市下恵土岐阜県可児市桂ケ丘岐阜県可児市皐ケ丘岐阜県可児市徳野南岐阜県可児市虹ケ丘岐阜県可児市渕之上

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岐阜県可児市の関連情報