コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐阜県多治見市 たじみ〈し〉

1件 の用語解説(岐阜県多治見市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕多治見〈市〉(たじみ〈し〉)


岐阜県南部、土岐川流域に位置する市。
南部で愛知県に隣接する。名古屋市への通勤圏として住宅地化が進む。2006年(平成18)1月、土岐郡笠原町を編入して現在の姿となる。この編入合併により、土岐郡消滅。江戸時代より陶磁器の生産が盛んで、美濃焼の集散地としても栄える。現在は和洋食器のほか、タイル類の製造が活発。岐阜県陶磁資料館、岐阜県現代陶芸美術館、こども陶器博物館など、陶磁器に関する美術館や博物館が多い。虎渓山永保(えいほう)寺の庭園は国の名勝。土岐川渓谷古虎渓(ここけい)は、中国盧山の虎渓に似ているともいわれる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岐阜県多治見市の関連情報