コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐阜県山県市 やまがた〈し〉

1件 の用語解説(岐阜県山県市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕山県〈市〉(やまがた〈し〉)


岐阜県中西部、岐阜市の北部に位置する市。
北部には日永岳がそびえ、長良川支流の武儀川、鳥羽川、伊自良川などが流れる。2003年(平成15)4月、山県(やまがた)郡の高富町、伊自良村、美山町が合併して成立。中心となる高富地区は、江戸時代中期から本庄氏1万石の陣屋町。農業ではカキ・クリの栽培が盛んで、マツタケを産し、旧・伊自良村地域では干し柿を特産する。既製服・機械・プラスチック加工・水道バルブ工場などがある。川ではアユ・マス釣りが行われ、養鶏や食用鴨の飼育も盛ん。伊自良湖周辺にはキャンプ場ハイキングコースがあり、行楽客を集める。高富地区の白山神社は国の重要文化財

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岐阜県山県市の関連情報