コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐阜県岐阜市 ぎふ〈し〉

1件 の用語解説(岐阜県岐阜市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕岐阜〈市〉(ぎふ〈し〉)


岐阜県南西部、濃尾平野北部の長良(ながら)川中流域に位置する市。
同県の県庁所在地で、県の行政・産業・文化の中心。1996年(平成8)4月より中核市。2006年1月、羽島郡柳津町を編入して現在の姿となる。戦国時代、美濃国(岐阜県南部)を統一した斎藤道三(さいとうどうさん)が稲葉山城に居城。のち織田信長(おだのぶなが)の天下統一の根拠地となり、城下の井ノ口は岐阜と改称、楽市・楽座が導入され、城下町が発展した。江戸時代は長良川水運により商業都市の基盤を築いた。アパレル産業を主とした繊維工業が盛ん。JR岐阜駅前の既製服問屋街が町の経済を支えてきたが、近年では価格の安い輸入品におされ気味。空洞化傾向にあった中心市街地の柳ケ瀬地区では再開発の動きが進む。古くからうちわ・和傘・岐阜提灯が特産品。農業ではエダマメ・イチゴ・ダイコンなどの都市型農業が営まれる。全国的に有名な長良川の鵜()飼いは、毎年5月11日~10月15日に開催。河畔の長良川温泉鵜飼い見物の基地。金華山稲葉山)山頂の岐阜城跡地に模擬城がつくられて、西麓の岐阜公園とはロープウエーで通じる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岐阜県岐阜市の関連情報