岐阜県恵那市(読み)えな〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕恵那〈市〉(えな〈し〉)


岐阜県南東部にある市。
南部で愛知県、東部で長野県と接する。2004年(平成16)10月、恵那郡の岩村町、同山岡町、同明智町、同串原、同上矢作町と旧・恵那市が合併して現在の姿となる。この合併により恵那郡は消滅。中心となる大井町付近は江戸時代には中山道の宿場町として栄えた。明治期には製糸業が発達。旧・明智町は古くは信濃と三河・尾張を結ぶ中馬(ちゅうま)街道の宿場町として発展。窯業が盛んで、耐火レンガ・碍子(がいし)・タイルなどを生産する。大正期のモダンな町並みが残り、日本大正村と称して博物館・資料館・郵便局などを整備。矢作川上流域では養豚・畜産が盛んで、コンニャク栽培や養蚕、アマゴの養殖なども行われる。稲作、林業のほか、シイタケやクリも産する。旧・山岡町は全国有数の寒天の産地で、寒天料理が名物。良質の粘土を産し、近隣の陶磁器産地に陶土を提供。旧・岩村町は江戸時代には岩村藩の城下町。かつては寒天製造で知られたが、近年はプラスチック・電機などの工場誘致が盛ん。典型的な山城の一つである岩村城跡の北西麓に城下町の町並みが残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。県立自然公園の恵那峡は景勝地として知られる。上矢作の大船牧場には風力発電の風車がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岐阜県恵那市の関連情報