コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐阜県裏金問題

1件 の用語解説(岐阜県裏金問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

岐阜県裏金問題

2006年7月、各部署が県職員組合に集めて隠していた裏金の存在が発覚した。調査の結果、1992~2003年度の12年間で総額約17億円の裏金があったことが判明。飲み食いや職員への貸し付けなどに使われ、紙幣の一部は焼かれた。この問題で、県職員4千人以上が処分を受け、逮捕者や自殺者も出た。

(2011-02-24 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岐阜県裏金問題の関連キーワード教員組合日教組日本教職員組合教職員組合教研集会従業員組合岐阜県の裏金岐阜県の裏金問題中地熊造福田忠義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone