コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐阜県防災ヘリコプター墜落事故

1件 の用語解説(岐阜県防災ヘリコプター墜落事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

岐阜県防災ヘリコプター墜落事故

2009年9月11日、岐阜県高山市北アルプス奥穂高岳(3190メートル)近くの山中で、遭難者を救助していた同県防災ヘリ「若鮎(わかあゆ)2」が墜落。搭乗していた県防災航空隊の操縦士だった朝倉仁さん(当時57)、整備士の三好秀穂さん(同47)、副隊長の後藤敦さん(同34)が死亡した。国土交通省運輸安全委員会などが事故原因を調査しているが、解明されていない。事故を受け、標高の高い危険な場所での山岳救助は、訓練をより積んでいる県警ヘリが担当することになった。

(2010-09-12 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岐阜県防災ヘリコプター墜落事故の関連キーワード坂本峠高山盆地高山祭飛騨春慶乗鞍のクマ襲撃事故加藤専一小林幹角竹喜登長倉三朗三輪年朗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone