岡 潔(読み)オカ キヨシ

20世紀日本人名事典の解説

岡 潔
オカ キヨシ

昭和期の数学者,随筆家 奈良女子大学名誉教授。



生年
明治34(1901)年4月19日

没年
昭和53(1978)年3月1日

出生地
大阪府大阪市

出身地
和歌山県紀見村(現・橋本市)

学歴〔年〕
京都帝国大学理学部数学科〔大正14年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔昭和15年〕

主な受賞名〔年〕
日本学士院賞〔昭和26年〕,朝日文化賞〔昭和28年〕,文化勲章〔昭和35年〕

経歴
昭和4年京都帝国大学助教授、7年広島文理科大学(現・広島大学)の創立に加わりフランスへ留学。多変数複素解析関数論をテーマに帰国。未解決だった関数近似など三大問題に決定的な解決を与え、世界の数学界に大反響を起こした。その後、研究に専念するため15年広島文理科大学を退職、和歌山の自宅へこもる。戦後、24年奈良女子大学教授として再び教壇に立ったが、外国の数学者が業績を高く評価したことから注目を浴びた。35年数学者として3人目の文化勲章を受章。天才といわれることを嫌い、世間と没交渉の一面もあり“奇人の数学者”との印象を与えた。しかし、散歩、絵画観賞、相撲、野球のテレビ観戦を趣味としパリ留学当時から日本民族の情緒に着目し、人間性と思考を主題にした多数の随筆を書いた。代表随筆集に「春宵十話」(38年)がある。43年PTA研究発表会で「日教組こそ日本の教育を曲げる張本人」と発言、物議をかもしたこともあった。「岡潔集」(全5巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

岡 潔 (おか きよし)

生年月日:1901年4月19日
昭和時代の数学者;随筆家。奈良女子大学教授
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡 潔の関連情報