岡 邦雄(読み)オカ クニオ

20世紀日本人名事典の解説

岡 邦雄
オカ クニオ

昭和期の科学史家



生年
明治23(1890)年1月15日

没年
昭和46(1971)年5月22日

出生地
山形県米沢市

別名
筆名=小山 謙吉,石原 純

学歴〔年〕
東京物理学校〔大正3年〕

経歴
明治38年上京、町工場や郵便局に勤めながら工手学校に通い、40年東京物理学校に入り大正3年卒業。5年九州帝大工学部数学力学教室助手となり桑木彧雄教授に師事。7年九大を辞めて上京、中学教師をしながら物理学、科学史の著作を手がけ、13年第一高等学校物理実験担当助教授となった。マルクス主義に傾倒して活動したため昭和7年一高を追放され、同年唯物論研究会創立に参加、機関誌「唯物論研究」や中央公論などで多彩な執筆活動を展開した。13年検挙され15年保釈出所後執筆禁止を受けたが、小山謙吉、石原純などの筆名で執筆を続け17年「現代日本文明史」シリーズの「科学史」を著した。19年戸坂潤と共に実刑3年の判決を受けたが、20年敗戦で解放された。21年日本共産党に入党(39年離党)、同年鎌倉アカデミアの教授に招かれ執筆活動を再開。唯物論の立場から科学史、技術史、科学論などの論文が多く、著書に「若き石川啄木」「自然科学史」(全7巻)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android