(読み)おか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡(奈良県)
おか

奈良県中部、高市(たかいち)郡明日香(あすか)村の中心集落の一つ。西国三十三所観音霊場第7番札所の岡寺(おかでら)(竜蓋寺(りゅうがいじ))の門前町として発達した。飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)跡伝承地(国の史跡)があり、明日香村役場の所在地でもある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡の関連情報