岡倉 古志郎(読み)オカクラ コシロウ

20世紀日本人名事典の解説

岡倉 古志郎
オカクラ コシロウ

昭和・平成期の国際政治学者 アジアアフリカ研究所名誉所長;元・日本学術会議副会長。



生年
明治45(1912)年5月6日

没年
平成13(2001)年4月2日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝国大学経済学部商業学科〔昭和11年〕卒

主な受賞名〔年〕
野呂栄太郎賞(第15回)〔平成2年〕「非同盟研究序説」

経歴
明治期の思想家で日本美術院を創設した岡倉天心の孫。企画院を経て東亜研究所に入る。昭和13年の企画院事件に連座し2年間拘留。戦後、世界経済研究所常務理事、同志社大学大阪外国語大学中央大学、大東文化大学各教授を歴任し、60年定年退職。44〜60年日本学術会議副会長を務めた。この間、36年アジア・アフリカ研究所を創設、初代所長に就任。のち名誉所長。著書に「死の商人」「財閥」「民族解放運動」「汚職の政治経済学」「非同盟研究序説」「岡倉古志郎国際政治論集」(全5巻)など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

岡倉 古志郎 (おかくら こしろう)

生年月日:1912年5月6日
昭和時代;平成時代の国際政治学者。同志社大学教授;大阪外国語大学教授
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android