岡山県久米郡久米南町(読み)くめなん〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕久米南〈町〉(くめなん〈ちょう〉)


岡山県中部、吉備(きび)高原にある、旭川支流の誕生寺川流域の町。久米郡
弓削(ゆげ)地区は旧宿場町。主産業は稲作で、北庄・上籾地区の棚田は「日本の棚田百選」に選定されている。他に葉タバコ・ブドウなどの栽培が盛ん。里方(さとがた)地区の誕生(たんじょう)寺(山門と本堂は国の重要文化財)は浄土宗の開祖法然(ほうねん)誕生の地として名高い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android