コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山県倉敷市下津井 しもつい

1件 の用語解説(岡山県倉敷市下津井の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕下津井(しもつい)


岡山県倉敷市にある地名。
児島半島南西端に位置する漁業地区。江戸時代瀬戸内海の商港・漁港として、金毘羅参りや西廻(にしまわ)り航路の船などでにぎわった。東端の鷲羽(わしゅう)山は瀬戸内海国立公園屈指の展望台。1988年(昭和63)の瀬戸大橋開通以降、観光客が増加している。祇園神社、回船問屋の保存施設であるむかし下津井回船問屋がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡山県倉敷市下津井の関連キーワード川崎医科大学川崎医療福祉大学倉敷芸術科学大学岡山学院大学イオンモール倉敷ガァーコ倉敷市民会館天満屋 倉敷店倉敷[市]児島鶴

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone