コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山県倉敷市下津井 しもつい

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕下津井(しもつい)


岡山県倉敷市にある地名。
児島半島南西端に位置する漁業地区。江戸時代瀬戸内海商港・漁港として、金毘羅参りや西廻(にしまわ)り航路の船などでにぎわった。東端の鷲羽(わしゅう)山は瀬戸内海国立公園屈指の展望台。1988年(昭和63)の瀬戸大橋開通以降、観光客が増加している。祇園神社、回船問屋の保存施設であるむかし下津井回船問屋がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

岡山県倉敷市下津井の関連キーワード下津井湊鷲羽山東端

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android