岡山県倉敷市下津井(読み)しもつい

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕下津井(しもつい)


岡山県倉敷市にある地名。
児島半島南西端に位置する漁業地区。江戸時代瀬戸内海商港・漁港として、金毘羅参りや西廻(にしまわ)り航路の船などでにぎわった。東端の鷲羽(わしゅう)山は瀬戸内海国立公園屈指の展望台。1988年(昭和63)の瀬戸大橋開通以降、観光客が増加している。祇園神社、回船問屋の保存施設であるむかし下津井回船問屋がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android