コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山県倉敷市 くらしき〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕倉敷〈市〉(くらしき〈し〉)


岡山県南西部、瀬戸内海に面する市。
2002年(平成14)4月より中核市。2005年8月、浅口(あさくち)郡の船穂町と吉備(きび)郡の真備町を編入して現在の姿となる。この合併により、吉備郡消滅。高梁(たかはし)川が中央部を流れ、水島灘に注ぐ。JRの山陽新幹線・山陽本線・宇野線・伯備線、山陽自動車道・瀬戸中央自動車道などが通じ、瀬戸大橋で四国香川県と結ばれている。近世初頭から干拓地を流れる倉敷川沿いに蔵屋敷や商家が集中。江戸時代は代官所がおかれ、備中国(びっちゅうのくに)の政治・経済の中心地となった。1889年(明治22)の倉敷紡績所設立を契機に紡績工業都市に発展。水島地区は第二次世界大戦中に航空機工場が設置され、戦後、鉄鋼・石油化学コンビナートなどの臨海工業地帯を形成。瀬戸内工業地域の中心となる。イグサを利用した花筵(はなむしろ)と畳表の産地。児島地区には学生服・ジーンズなどの縫製業、真備地区には竹工芸品の地場産業がある。農業では稲作のほか、高級ブドウ・モモ・ナシ・花卉(かき)・野菜の栽培が行われる。真備地区ではタケノコを産する。
市街中心部は白壁造り蔵屋敷が続く美観地域で、重要伝統的建造物群保存地区に選定。大原美術館、倉敷民芸館、倉敷考古館などの文化施設、倉敷アイビースクエアなどがあり、観光客で賑わう。児島地区の鷲羽(わしゅう)山は眺望に優れ、瀬戸内海国立公園有数の観光地。真備地区は吉備真備(きびのまきび)の生地で、国指定史跡の箭田大塚(やたおおつか)古墳をはじめとする古代文化の遺跡が多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

岡山県倉敷市の関連キーワード岡山県倉敷市船穂町柳井原岡山県倉敷市福田町古新田岡山県倉敷市真備町上二万岡山県倉敷市真備町下二万岡山県倉敷市水島北亀島町岡山県倉敷市水島北春日町岡山県倉敷市船穂町水江岡山県倉敷市水島海岸通岡山県倉敷市真備町有井岡山県倉敷市船穂町船穂岡山県倉敷市藤戸町藤戸岡山県倉敷市福田町南畝岡山県倉敷市水島北幸町岡山県倉敷市真備町市場岡山県倉敷市真備町尾崎岡山県倉敷市真備町服部岡山県倉敷市水島相生町岡山県倉敷市真備町辻田岡山県倉敷市福田町福田岡山県倉敷市水島川崎通

岡山県倉敷市の関連情報