岡山県備前市(読み)びぜん〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕備前〈市〉(びぜん〈し〉)


岡山県南東部、瀬戸内海の播磨灘に面する市。
日生(ひなせ)諸島を含む。東部で兵庫県に接する。2005年(平成17)3月、旧・備前市と和気郡の日生町、吉永町が合併して現在の姿となる。JR山陽本線・赤穂線、山陽自動車道が通じる。伝統的に備前焼の陶業と三石地区で採掘されるろう石を原料にした耐火れんがの製造が盛ん。製鋼・クレー・電機・機械・精密機器の工場がある。日生地区では漁業が盛んで、ヒラメ・クルマエビなどを水揚げするほか、カキ・ノリなどの養殖も行われる。瀬戸内海国立公園に属する日生諸島は海水浴・ミカン狩りで人気の行楽地。鹿久居(かくい)島には野生のシカが生息する。江戸時代の藩校閑谷(しずたに)学校は国の特別史跡に指定。岡山県備前陶芸美術館、備前焼伝統産業会館がある。北部の加賀美地区に道鏡(どうきょう)開基の八塔寺がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡山県備前市の関連情報