岡山県加賀郡吉備中央町(読み)きびちゅうおう〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕吉備中央〈町〉(きびちゅうおう〈ちょう〉)


岡山県中央部、吉備高原に広がる町。加賀(かが)郡
2004年(平成16)10月、御津(みつ)郡の加茂川町と上房(じょうぼう)郡の賀陽町が合併して成立。この合併により加賀郡が新設された。稲作・酪農や葉タバコ・ハクサイ・ブドウ・ナシ・モモなどの栽培が盛ん。南西部で吉備高原都市の整備開発が進み、学校・工場・保健福祉施設などの関連施設が整備されている。南西部に国の名勝の豪渓がある。小森温泉、湯の瀬温泉、鷺(さぎ)の巣温泉などが湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android