コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山県岡山市東区 ひがし〈く〉

1件 の用語解説(岡山県岡山市東区の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕東〈区〉(ひがし〈く〉)


岡山県岡山市の4行政区の一つ。
2009年(平成21)岡山市の政令指定都市への移行にともない設置。市の東部に位置する。赤磐市・備前市・瀬戸内市と接し、南は児島湾瀬戸内海に面する。区域を吉井川、砂川が貫流、山陽新幹線山陽本線・赤穂線、国道2号・250号が通る。吉井川の河口一帯は干拓による農地が広がる。国指定史跡大廻小廻山城跡万富東大寺瓦窯跡浦間茶臼山古墳大多羅寄宮跡、乙子城跡・沼城跡など宇喜多氏ゆかりの遺跡のほか、西大寺観音院、藤井の宿など湊町・門前町としても栄えた歴史的文化遺産を残す。西大寺の「会陽」は日本三大奇祭の一つとされる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡山県岡山市東区の関連キーワード興除岡山一番街岡山シーガルズ岡山タカシマヤ岡山ビブレKANKOスタジアムサンステーションテラス岡山天満屋 岡山店ペスカ岡山

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡山県岡山市東区の関連情報