コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山県浅口市(読み)あさくち〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕浅口〈市〉(あさくち〈し〉)


岡山県南西部、瀬戸内海に面する市。
2006年(平成18)3月、浅口郡の金光町、鴨方町、寄島町が合併して成立。JR山陽本線、山陽自動車道が通じる。倉敷市・笠岡市への通勤・通学者が多い。鴨方町地区は江戸時代には岡山藩支藩の陣屋町。金光町地区は明治初期から金光教の門前町として発展。春と秋の大祭にはとくににぎわう。水島灘(みずしまなだ)では沿岸漁業が盛んで、寄島港ではワタリガニ・カレイ・ヒラメなどを水揚げする。稲作、ミカン・ナシなどの果物や野菜、花卉(かき)栽培が行われる。植木の生産も盛ん。手延べそうめんが特産品。むぎわら帽子・飲料用ストローを製造する地場産業がある。酒造・木材・機械などの工場が操業。竹林寺(ちくりんじ)山に国立天文台 岡山天体物理観測所岡山天文博物館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡山県浅口市の関連情報