岡山県真庭郡新庄村(読み)しんじょう〈そん〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕新庄〈村〉(しんじょう〈そん〉)


岡山県北部、旭川支流の新庄川源流域の山村鳥取県に接する。真庭(まにわ)郡
江戸時代には出雲街道宿場町として栄えた。林業稲作・サルナシ栽培や「新庄牛」の名で知られる和牛の飼育が盛ん。歴史国道として有名ながいせん桜通りはサクラの名所。毛無山(けなしがせん)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android