岡山県笠岡市(読み)かさおか〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕笠岡〈市〉(かさおか〈し〉)


岡山県南西部の市。
瀬戸内海に面し、北木(きたぎ)島・白石(しらいし)島(国指定名勝)などからなる笠岡諸島を含む。広島県福山市を中心にした備後(びんご)工業整備特別地域に属し、鉄鋼・電機・窯業などの工場が進出。モモ・ブドウ・イチジクなど果樹栽培が盛ん。笠岡湾口はカブトガニ繁殖地として天然記念物に指定され、カブトガニ博物館がある。笠岡湾干拓地に農道空港笠岡ふれあい空港がある。鉄道保存施設の井笠鉄道記念館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡山県笠岡市の関連情報