岡山県総社市(読み)そうじゃ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕総社〈市〉(そうじゃ〈し〉)


岡山県南西部、高梁(たかはし)川の中下流域を占める市。
2005年(平成17)3月、旧・総社市と都窪(つくぼ)郡の山手村、清音村が合併して現在の姿となる。南部で倉敷市、東部で岡山市に接し、両市のベッドタウン化が進む。新産業都市岡山県南地域の一角を占め、食品・繊維などの大工場や機械金属工業団地がある。農業では稲作とブドウ・モモ・イチゴ・セロリ・トウモロコシなどの栽培が行われる。古代の吉備国(きびのくに)の中心地で、大型前方後円墳の作山(つくりやま)古墳や鬼の差し上げ岩などの巨石遺構、いずれも国の史跡の備中(びっちゅう)国分寺跡・備中国分尼寺跡などがある。井山宝福(いやまほうふく)寺は雪舟(せっしゅう)ゆかりの古刹。高梁川支流の槇谷(まきだに)川に国の名勝豪渓(ごうけい)がある。福山には中世の福山城跡(国の史跡)がある。国の史跡の鬼城山(きのじょうさん)にある鬼ノ城(きのじょう)は、おとぎ話『桃太郎』のモチーフになったといわれる温羅(うら)伝説が伝わる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡山県総社市の関連情報