コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山県総社市 そうじゃ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕総社〈市〉(そうじゃ〈し〉)


岡山県南西部、高梁(たかはし)川の中下流域を占める市。
2005年(平成17)3月、旧・総社市と都窪(つくぼ)郡の山手村、清音村が合併して現在の姿となる。南部で倉敷市、東部で岡山市に接し、両市のベッドタウン化が進む。新産業都市岡山県南地域の一角を占め、食品・繊維などの大工場や機械金属工業団地がある。農業では稲作とブドウ・モモ・イチゴ・セロリ・トウモロコシなどの栽培が行われる。古代の吉備国(きびのくに)の中心地で、大型前方後円墳の作山(つくりやま)古墳や鬼の差し上げ岩などの巨石遺構、いずれも国の史跡の備中(びっちゅう)国分寺跡・備中国分尼寺跡などがある。井山宝福(いやまほうふく)寺は雪舟(せっしゅう)ゆかりの古刹。高梁川支流の槇谷(まきだに)川に国の名勝豪渓(ごうけい)がある。福山には中世の福山城跡(国の史跡)がある。国の史跡の鬼城山(きのじょうさん)にある鬼ノ城(きのじょう)は、おとぎ話『桃太郎』のモチーフになったといわれる温羅(うら)伝説が伝わる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

岡山県総社市の関連キーワード岡山県総社市清音上中島岡山県総社市清音古地岡山県総社市清音軽部岡山県総社市清音三因岡山県総社市清音柿木岡山県総社市清音黒田岡山県総社市地頭片山岡山県総社市北溝手岡山県総社市西阿曽岡山県総社市西坂台岡山県総社市東阿曽岡山県総社市金井戸岡山県総社市下原岡山県総社市宍粟岡山県総社市下林岡山県総社市下倉岡山県総社市西郡岡山県総社市溝口岡山県総社市美袋岡山県総社市見延

岡山県総社市の関連情報