岡山県美作市(読み)みまさか〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕美作〈市〉(みまさか〈し〉)


岡山県北東部の市。
北部で鳥取県、東部で兵庫県に接する。2005年(平成17)3月、勝田(かつた)郡の勝田町と英田(あいだ)郡の大原町、東粟倉村、美作町、作東町、英田町が合併して成立。県最高峰の後山(うしろやま)は女人禁制の修験道場として知られる。市域の約8割を森林・原野が占め、林業と稲作・畜産や葉タバコ・蔬菜(そさい)・花卉(かき)・イチゴなどの果物栽培が盛ん。シイタケ・クリなどを産し、海田地区は茶の名産地。勝田地区ではアマゴの養殖が行われる。土居地区は出雲街道の旧宿場町。北部の宮本地区は剣豪宮本武蔵(みやもとむさし)の生誕地とされ、第三セクターの智頭(ちず)急行の宮本武蔵駅や、武蔵資料館、武蔵神社、武蔵生家跡などがある。県営久賀ダムはヘラブナ・ウナギ・コイ釣りの好適地。湯郷(ゆのごう)温泉は美作三湯の一つに数えられる古湯。丘陵地帯にはキャンプ場や自然公園があり、南部の岡山国際サーキットではSUPER GT(スーパージーティー)などのレースが開催される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡山県美作市の関連情報