岡山県苫田郡鏡野町(読み)かがみの〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕鏡野〈町〉(かがみの〈ちょう〉)


岡山県北部、中国山地と津山盆地の一部を占める町。町の中央を吉井川が流れ、北部で鳥取県に接する。苫田(とまた)郡
2005年(平成17)3月、苫田郡の旧・鏡野町と同郡富村、奥津町、上齋原村が合併して現在の姿となる。平野部では稲作、山間部では林業、和牛飼育、シイタケやクリの栽培が盛ん。吉井川上流域の奥津地区は、国指定名勝の奥津渓奥津温泉を中心とした観光地。奥津渓は甌穴(おうけつ)で有名。奥津温泉は湯郷(ゆのごう)温泉・湯原温泉とともに美作(みまさか)三湯として知られる古湯。足ぶみ洗濯の風習が残る。田代峠付近に県立森林公園がある。北部の恩原湖周辺にはスキー場があり、恩原高原オートキャンプ場、野鳥の森などの施設を整備。1950年代に人形峠近くでウラン鉱床が発見され、核燃料サイクル開発機構の人形峠環境技術センターがある。近世にはたたら製鉄が盛んだった地域で、香々美ダム湖畔の越畑(こしわた)ふるさと村にはたたら記念館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android