コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山県赤磐市 あかいわ〈し〉

1件 の用語解説(岡山県赤磐市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕赤磐〈市〉(あかいわ〈し〉)


岡山県中東部、吉備高原南東部に位置する市。
岡山市の北東部に接する。2005年(平成17)3月、赤磐郡の山陽町、赤坂町、熊山町、吉井町が合併して成立。東部を吉井川が流れる。南部に県営山陽団地・岡山ネオポリスなどの大規模住宅地があり、岡山市のベッドタウンとなっている。稲作・麦作、ブドウ・ナシ・モモなどの果樹栽培、植木の栽培が盛ん。ワイナリーがあり、清酒醸造・金属・機械・プラスチック・電機などの工場がある。稲蒔(いなまき)地区では筆軸を特産する。吉井川沿いの周匝(すさい)は旧河港町。塩木地区に湯免(ゆめ)温泉が湧く。農業公園のドイツの森クローネンベルクがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡山県赤磐市の関連キーワード旭川吉備高原小沼赤磐三春備前刺巻湿原加茂川[町]総社[市]吉備高原都市

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡山県赤磐市の関連情報