岡山県高梁市(読み)たかはし〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕高梁〈市〉(たかはし〈し〉)


岡山県中西部、吉備高原上に広がる市。
東部を高梁川が流れる。西部で広島県に接する。2004年(平成16)10月、旧・高梁市と上房(じょうぼう)郡の有漢(うかん)町、川上(かわかみ)郡の成羽(なりわ)町、同川上町、同備中(びっちゅう)町が合併して現在の姿となる。この合併により川上郡は消滅。市の中心部は江戸時代には備中国(びっちゅうのくに)松山藩の城下町として発展。成羽地区は山崎氏の旧陣屋町。国指定史跡の備中松山城跡、小堀遠州の作である国の名勝の頼久(らいきゅう)寺庭園が有名。吹屋(ふきや)地区はかつては銅山町として栄え、ベンガラ製造が盛んであった。当時の様子を伝える町並みは重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。稲作・畜産・トマトやハクサイなどの野菜栽培と、ブドウやモモの温室栽培が盛ん。備中ウルシを特産する。伝統産業の家具製造・漆工芸のほか、機械・窯業・タバコ・金属などの工場がある。成羽川上流に新成羽川ダム(備中湖)がある。磐窟谷(いわやだに)は国の名勝。大賀の押被(おおがのおしかぶせ)と臥牛(がぎゅう)山のサル生息地は、いずれも国の天然記念物に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡山県高梁市の関連情報