コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡島右近

美術人名辞典の解説

岡島右近

安土桃山・江戸前期の武士。一元と称する。山城伏見の瑞龍公に仕え、帯刀左衛門と改めた。のち山崎彦右衛門と共に越後の土寇を平定、国主堀秀治に召しかかえられる。寛永四年には微妙公の家臣となり、人持組頭となった。寛永5年(1628)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android