コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡島右近

1件 の用語解説(岡島右近の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡島右近

安土桃山・江戸前期の武士。一元と称する。山城伏見の瑞龍公に仕え、帯刀左衛門と改めた。のち山崎彦右衛門と共に越後の土寇を平定、国主堀秀治に召しかかえられる。寛永四年には微妙公の家臣となり、人持組頭となった。寛永5年(1628)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡島右近の関連キーワード石川康長今城為親織田有楽清韓文英禅昌柘植与一牧興相酒井貞月弘尊安土桃山時代

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone