岡崎 一夫(読み)オカザキ カズオ

20世紀日本人名事典の解説

岡崎 一夫
オカザキ カズオ

昭和期の弁護士,社会運動家 元・自由法曹団団長。



生年
明治32(1899)年3月1日

没年
昭和61(1986)年1月15日

出生地
北海道札幌市

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部独法科〔大正11年〕卒

経歴
東大卒業後弁護士となって、自由法曹団に参加。労働・農民運動の弁護活動で活躍し、昭和2年共産党に入党。3年の3.15事件で検挙され懲役5年に処せられる。戦後再建された自由法曹団に参加し、三鷹事件、松川事件、白鳥事件などの弁護団に加わる。35年から49年まで団長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android