岡崎 哲夫(読み)オカザキ テツオ

20世紀日本人名事典の解説

岡崎 哲夫
オカザキ テツオ

昭和期の市民運動家 森永ミルク中毒のこどもを守る会全国本部事務局長。



生年
大正9(1920)年1月18日

没年
平成12(2000)年12月

出生地
岡山県岡山市

学歴〔年〕
早稲田大学〔昭和16年〕中退

経歴
昭和16年軍事教練を拒否して早大を中退。応召され20年懲罰的に旧ソ連国境の虎頭要塞に配属された。部隊は全滅したが生き残って旧ソ連に抑留され民主分子として日本新聞で活動したが、スターリン主義に反発、追放され23年帰国して商業に従事。30年に生まれた長女が森永砒素(ヒ素)ミルク中毒となり、被災者同盟全国協議会の初代委員長として闘争運動に尽力。31年森永乳業との決着後、協議会を解散したが、岡山県内の被害者の親たちと“森永ミルク中毒のこどもを守る会”を結成。事務局長として被害者救済運動の先頭に立ち、後遺症対策を求めて事件関係者らに文書を送るなど孤立無援の運動を続けた。44年丸山博大阪大学教授が発表した被災児の追跡調査報告に力づけられ、47年国と森永を相手どり民事訴訟を起こすと同時に、森永製品不買運動を提起した。その後、運動の全国的な盛り上がりもあり、48年森永、当時の厚生省との三者合意で被害者の恒久救済が決まり、49年5月救済のための財団法人・ひかり協会が発足。理事の一人として、訴訟を取り下げ、不買運動を中止した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android