コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡崎 勝男 オカザキ カツオ

20世紀日本人名事典の解説

岡崎 勝男
オカザキ カツオ

昭和期の政治家,外交官 衆院議員(自民党);外相;国連大使。



生年
明治30(1897)年7月10日

没年
昭和40(1965)年10月10日

出生地
東京

出身地
神奈川県茅ケ崎市

学歴〔年〕
東京帝大経済学科〔大正11年〕卒

経歴
大正11年外務省入省。在英大使館勤務中の13年、オリンピック第8回大会に陸上競技の選手として出場。昭和3年上海在勤副領事、5年領事。20年8月終戦のとき終戦連絡中央事務局長官となり連合国側との困難な折衝に当たる。23年外務次官、24年衆議院議員に当選、吉田首相にその手腕を見込まれ側近中の側近になった。のちに内閣官房長官、賠償庁長官、外務大臣をつとめ戦後処理と外交政策の基礎づくりに苦心した。政界引退後、国連大使に登用され、わが国の国際的地位の向上に貢献。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

岡崎 勝男
オカザキ カツオ


肩書
衆院議員(自民党),外相,国連大使

生年月日
明治30年7月10日

出生地
東京

出身地
神奈川県茅ケ崎市

学歴
東京帝大経済学科〔大正11年〕卒

経歴
大正11年外務省入省。在英大使館勤務中の13年、オリンピック第8回大会に陸上競技の選手として出場。昭和3年上海在勤副領事、5年領事。20年8月終戦のとき終戦連絡中央事務局長官となり連合国側との困難な折衝に当たる。23年外務次官、24年衆議院議員に当選、吉田ワンマン首相にその手腕を見込まれ側近中の側近になった。のちに内閣官房長官、賠償庁長官、外務大臣をつとめ戦後処理と外交政策の基礎づくりに苦心した。政界引退後、国連大使に登用され、わが国の国際的地位の向上に貢献。

没年月日
昭和40年10月10日

家族
孫=伊奈 恭子(フィギュアスケート選手)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡崎 勝男の関連情報