コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本文弥(初代) おかもと・ぶんや

朝日日本歴史人物事典の解説

岡本文弥(初代)

没年:元禄7.1.11(1694.2.4)
生年:寛永10(1633)
延宝(1673~81)ごろから人形浄瑠璃の大坂出羽座で名を上げた古浄瑠璃太夫。「文弥の泣き節」といわれ,大坂では最も人気があり,素人も含めて多くの門弟を擁した。在名正本としては「四十八願記あみだの本地」(1684)を知るのみであるが,天和・貞享(1681~88)ごろからは,年老いた伊藤出羽掾にかわって,出羽座をとりしきった。彼の正本に擬すべきものは,したがって少なくないはずである。門弟に「泣き節」を発展させて「愁い節」を創始した山本角太夫(土佐掾)がいる。<参考文献>信多純一「山本角太夫について」(古典文庫『古浄瑠璃集/角太夫正本1』解題),阪口弘之「出羽座をめぐる太夫たち」(『人文研究』26巻3分冊)

(阪口弘之)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

岡本文弥(初代)の関連キーワード竹本 重之助(2代目)柳家 紫朝(2代目)岡本文弥[新内節]都太夫一中(1世)山之口の文弥人形岡本文弥(2世)都一中(初代)浄瑠璃古今序太陽のない街鳴渡阿波太夫小海 智子表具又四郎小林平太夫都太夫一中岡本 文弥山本土佐掾岡本文弥信多純一1月1日表具屋節

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android