岡田 源三郎(読み)オカダ ゲンザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

岡田 源三郎
オカダ ゲンザブロウ

大正・昭和期のプロ野球監督 明治大学野球部監督。



生年
明治29(1896)年3月29日

没年
昭和52(1977)年10月26日

出生地
東京・早稲田

学歴〔年〕
早稲田実業〔大正5年〕卒,明治大学〔大正11年〕卒

経歴
大正4年朝日新聞主催の第1回全国中等野球東京大会に早稲田実業右翼手1番で出場、豊中の全国大会には捕手1番で出場。5年卒業して台湾・高雄の台湾製糖に入社、早大川島、慶大山口投手らと島内最強チームを作った。8年帰京、明治大学に入り、右翼手、内外野手、投手、捕手をこなし、駿足の1番打者だった。大正11年卒業、12年夏の明大満鮮遠征で母校監督となった。関東大震災で秋季リーグが11月に再開され、早法立に完勝、慶に2勝1敗でリーグ加入以来初優勝。一時の空白の後再び監督となり、昭和11年プロ野球連盟結成で理事。初代金鯱の監督となり、また40歳を過ぎてからも捕手として出場した。戦後はコーチとして活躍。引退後は評論家として活躍。53年殿堂入りした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡田 源三郎の関連情報