岡田利兵衛

美術人名辞典の解説

岡田利兵衛

俳文学研究家。兵庫県生。号は柿衛。連俳書真跡類の蒐集に努め、その蔵書は柿衛文庫として有名。特に芭蕉蕪村の筆跡の研究においてはその第一人者であり、著書に『芭蕉の真跡』『俳画の美 蕪村・月渓』等がある。また伊丹市長・逸翁美術館長・聖心女子大教授を歴任した。昭和57年(1980)歿、89才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android