岡田 紅陽(読み)オカダ コウヨウ

20世紀日本人名事典の解説

岡田 紅陽
オカダ コウヨウ

大正・昭和期の風景写真家



生年
明治28(1895)年8月31日

没年
昭和47(1972)年11月22日

出生地
新潟県十日町

本名
岡田 賢次郎

学歴〔年〕
早稲田大学法律学科〔大正7年〕卒

経歴
大正14年麻布に写真スタジオを設立。15年から1年半海軍嘱託として伏見宮山階宮に随行して渡欧。昭和15年富士写真協会、19年日本観光写真連盟を創立、戦後は27年日本写真協会、28年に富士の会を創設し、写真の啓蒙、指導に務めた。主に山岳写真、風景写真を手掛け、特に在学中よりライフワークとして取り組んだ富士山の写真は他の追随を許さぬものがあった。主な写真集に「富士山」「岡田紅陽の富士百景作品集」「富士」など多数。平成9年東京都公文書館が保管している関東大震災の未刊行アルバムの撮影者であることが判明した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

岡田 紅陽 (おかだ こうよう)

生年月日:1895年8月31日
大正時代;昭和時代の風景写真家
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡田 紅陽の関連情報