コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡直廬

美術人名辞典の解説

岡直廬

神職。称美之介、名柾直・泰直、号斎垣内。上田定麿につき皇典国文国歌を研究する傍ら槍剣弓馬砲術を修む。吉備津神社等の神職歴任、後師範学校・中学校・女学校教職についたが病のため辞職し、爾来悠々風月を友として静養。『改訓日本書記』『本教大要』『吉備後歌集』等の著書がある。昭和8年(1933)歿、87才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android