岡笠山

美術人名辞典の解説

岡笠山

江戸中・後期の画家。近江栗太郡生。姓は岡野、名は惟精、字は中一、通称は五左衛門。与謝蕪村の門に学び、人物画を得意とする。また金属彫刻も能くした。歿年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android