コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡鶴汀 おかかくてい

大辞林 第三版の解説

おかかくてい【岡鶴汀】

1736~1811) 江戸後期の漢詩人。備中倉敷の人。通称、銭屋惣左衛門。菅茶山・葛子琴・頼春水らと交遊した地方文人のひとり。著「隺汀唫稿」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

岡鶴汀の関連キーワード元文ベートーベンクライスト享保金銀デュールコープアフシャール朝フィールディングホークスムア享保銀ナーディル・シャー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android