コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩国基地への艦載機移転問題の経緯

1件 の用語解説(岩国基地への艦載機移転問題の経緯の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

岩国基地への艦載機移転問題の経緯

05年10月の米軍再編中間報告と昨年5月の最終合意に移転計画が盛り込まれた。計画では、厚木基地(神奈川県)から空母艦載機59帰普天間飛行場(沖縄県)からKC130空中給油機12機が14年までに移転するなどし、岩国基地所属の米軍機は現在の57機から120機に膨らむ。井原市長は旧岩国市長だった昨年2月、移転の賛否を問う住民投票を発議。3月の投票では反対票が87・4%を占めた。合併後初の4月の市長選では移転計画撤回を訴えて当選し、国に計画撤回を求めた。これに対し、国は態度を変えるよう働きかけるとともに、市の新庁舎建設への補助金を打ち切った。補助金は、沖縄の基地縮小に絡む96年の日米特別行動委員会(SACO)合意で、前市長が普天間空中給油機を受け入れた事実上の見返りで、市は建設費の6割にあたる49億円を補助金でまかなうことを想定していた。

(2007-06-26 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩国基地への艦載機移転問題の経緯の関連キーワード中間報告岩国基地と米軍再編岩国基地の米空母艦載機移転問題岩国基地をめぐる米軍再編計画在沖縄米海兵隊のグアム移転在日米軍再編在日米軍再編最終合意普天間移設問題平沢基地と米軍再編米軍再編合意と普天間移設

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone