コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎 小弥太 イワサキ コヤタ

20世紀日本人名事典の解説

岩崎 小弥太
イワサキ コヤタ

大正・昭和期の実業家 三菱財閥4代目当主;三菱合資会社社長。



生年
明治12(1879)年8月3日

没年
昭和20(1945)年12月2日

出生地
東京府神田区(現・東京都千代田区)

学歴〔年〕
東京帝大法科中退,ケンブリッジ大学〔明治38年〕卒

経歴
明治39年三菱合資会社(のち三菱本社)副社長となり、大正5年伯父・弥太郎の長男久弥から社長を引き継ぎ、以後三菱の総帥として、三菱商事、三菱鉱業などを分立して、三菱財閥を近代的企業集団に育て上げた。敗戦後の昭和20年占領軍の財閥解体に最後まで抵抗し、死の直前に社長および関係会社の一切の役員を辞任し解体を発表した。一方、文化的事業にも貢献し、中でも成蹊学園、東京フィルハーモニー管弦楽団、静嘉堂文庫の設立は有名。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone