コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩手・大槌町

1件 の用語解説(岩手・大槌町の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

岩手・大槌町

海の資源に恵まれ、江戸時代三陸海岸の中心地として栄えた。新巻きサケ発祥の地とされる。面積200平方キロメートルの2%に人口約1万5千人の8割以上が住む「コンパクトシティー」だった。津波で1400人が死亡・行方不明となり、転出も含め2300人以上減った。減少率は被災自治体で最も高い。約2000世帯、4700人が48カ所の仮設住宅で暮らす。700事業所のうち95%が被災、漁業従事者800人が操業不能に。役場も全壊し、当時の町長が死亡、6月下旬から副町長も任期切れとなっていた。8月28日の町長選に3人が立候補した。

(2011-09-20 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩手・大槌町の関連情報