コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩手県九戸郡洋野町 ひろの〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕洋野〈町〉(ひろの〈ちょう〉)


岩手県九戸郡にある町。
2006年(平成18)1月、九戸郡種市(たねいち)町と同大野村が合併して成立。岩手県の最北部、青森県境に位置する。太平洋に臨む旧・種市村は、南部潜りとよばれる潜水技術者の里として知られる。ウニ・アワビの栽培漁業と畜産が主産業で、林業・シイタケ栽培も行われる。県立種市高校では全国唯一の海洋開発科があり、潜水士を育成。一方の大野地区は、県内屈指の酪農地帯で、高原野菜やキノコも栽培。大野木工で知られ、食器などの木工品を生産する。町には道の駅 おおの、久慈平(くじひら)岳、洋野町立種市歴史民俗資料館、岡谷稲荷神社などがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

岩手県九戸郡洋野町の関連キーワード岩手県九戸郡洋野町帯島弥栄岩手県九戸郡洋野町小子内岩手県九戸郡洋野町阿子木岩手県九戸郡洋野町中野岩手県九戸郡洋野町水沢岩手県九戸郡洋野町種市岩手県九戸郡洋野町大野岩手県九戸郡洋野町上館岩手県九戸郡洋野町有家岩手県九戸郡洋野町帯島大和の丘森林公園おおのキャンパス県立種市高校シイタケ栽培栽培漁業大野木工おおの潜水士

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android