岩手県八幡平市(読み)はちまんたい〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕八幡平〈市〉(はちまんたい〈し〉)


岩手県北西部、青森・秋田両県境に接する市。
2005年(平成17)9月、岩手郡安代町、同西根町、同松尾村が合併して成立。岩手山、八幡平、安比高原等、自然に恵まれた地域。稲作・酪農・畜産と葉タバコ・高冷地野菜・矮化(わいか)リンゴや花卉(かき)の栽培が盛ん。とくにリンドウの生産量は日本一を誇る。松尾地区はかつては松尾鉱山で栄え、日本で初めて地熱発電所がつくられた松川温泉がある。安比高原にはスキー場があり、田代平(たしろだいら)高原にはツツジの群生地がある。岩手山北東麓の焼走(やけはし)り熔岩流は特別天然記念物に指定されており、付近にキャンプ場や温泉がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩手県八幡平市の関連情報