コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩手県八幡平市 はちまんたい〈し〉

1件 の用語解説(岩手県八幡平市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕八幡平〈市〉(はちまんたい〈し〉)


岩手県北西部、青森・秋田両県境に接する市。
2005年(平成17)9月、岩手郡安代町、同西根町、同松尾村が合併して成立。岩手山八幡平安比高原等、自然に恵まれた地域。稲作・酪農・畜産と葉タバコ高冷地野菜・矮化(わいか)リンゴや花卉(かき)の栽培が盛ん。とくにリンドウの生産量は日本一を誇る。松尾地区はかつては松尾鉱山で栄え、日本で初めて地熱発電所がつくられた松川温泉がある。安比高原にはスキー場があり、田代平(たしろだいら)高原にはツツジの群生地がある。岩手山北東麓の焼走(やけはし)り熔岩流は特別天然記念物に指定されており、付近にキャンプ場や温泉がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩手県八幡平市の関連情報