岩手県八幡平市(読み)はちまんたい〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕八幡平〈市〉(はちまんたい〈し〉)


岩手県北西部、青森・秋田両県境に接する市。
2005年(平成17)9月、岩手郡安代町、同西根町、同松尾村が合併して成立。岩手山、八幡平、安比高原等、自然に恵まれた地域。稲作・酪農・畜産と葉タバコ・高冷地野菜・矮化(わいか)リンゴや花卉(かき)の栽培が盛ん。とくにリンドウの生産量は日本一を誇る。松尾地区はかつては松尾鉱山で栄え、日本で初めて地熱発電所がつくられた松川温泉がある。安比高原にはスキー場があり、田代平(たしろだいら)高原にはツツジの群生地がある。岩手山北東麓の焼走(やけはし)り熔岩流は特別天然記念物に指定されており、付近にキャンプ場や温泉がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩手県八幡平市の関連情報