コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩手県奥州市 おうしゅう〈し〉

1件 の用語解説(岩手県奥州市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕奥州〈市〉(おうしゅう〈し〉)


岩手県南西部の市。
北上盆地の南部に位置し、市の中央を北上川が流れる。2006年(平成18)2月に、水沢市、江刺市、胆沢郡前沢町、同胆沢町、同衣川村が合併して成立した。市の中心部にあたる水沢区は旧城下町高野長英後藤新平・斎藤実(さいとうまこと)の生地で、それぞれの記念館がある。古代城柵の胆沢城(いさわじょう)跡は国の史跡。地域の産業は南部鉄器で名高い伝統の鋳物工業のほか電機・機械・衣料工場などが進出。稲作・リンゴやキノコの栽培・畜産も盛ん。特に前沢区で生産される前沢牛は肉質のよさで知られる。衣川区には安倍氏や奥州藤原氏に関連した遺跡が点在する。市東部の江刺区では、郷土芸能の剣舞(けんばい)・鹿踊(ししおどり)などが盛ん。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩手県奥州市の関連情報