コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩手県花巻市 はなまき〈し〉

1件 の用語解説(岩手県花巻市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕花巻〈市〉(はなまき〈し〉)


岩手県中西部の市。
2006年(平成18)1月、稗貫郡大迫町、同石鳥谷町、和賀郡東和町と合併し現在の姿となる。JR東北新幹線東北本線ほかが通じる交通の要衝。花巻空港がある。市の中ほどを北上川が流れ、西には奥羽山脈、東には北上高地の山並みが連なる。電機・飲料・精密機器工場などがあり、稲作のほかリンゴなどの果物や野菜栽培が盛ん。西部の山間に花巻温泉・台温泉などが湧き、花巻温泉郷を形成する。市内にはこの地にゆかりの文学者、宮沢賢治高村光太郎の記念館などがある。大迫町に伝わる早池峰神楽(はやちねかぐら)は国の重要無形民俗文化財

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩手県花巻市の関連情報