岩手県花巻市(読み)はなまき〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕花巻〈市〉(はなまき〈し〉)


岩手県中西部の市。
2006年(平成18)1月、稗貫郡大迫町、同石鳥谷町、和賀郡東和町と合併し現在の姿となる。JR東北新幹線・東北本線ほかが通じる交通の要衝花巻空港がある。市の中ほどを北上川が流れ、西には奥羽山脈、東には北上高地の山並みが連なる。電機・飲料・精密機器工場などがあり、稲作のほかリンゴなどの果物や野菜栽培が盛ん。西部の山間に花巻温泉・台温泉などが湧き、花巻温泉郷を形成する。市内にはこの地にゆかりの文学者宮沢賢治高村光太郎の記念館などがある。大迫町に伝わる早池峰神楽(はやちねかぐら)は国の重要無形民俗文化財

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩手県花巻市の関連情報