コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩手県西磐井郡平泉町 ひらいずみ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕平泉〈町〉(ひらいずみ〈ちょう〉)


岩手県南部、北上盆地南部の町。西磐井郡
古代には東北経営の拠点。平安時代末期から鎌倉時代初期には奥州藤原氏三代の本拠地として繁栄した。国宝の中尊寺金色(こんじき)堂や衣川館(ころもがわのたち)跡、国の特別史跡で特別名勝でもある毛越(もううつう)寺(天台宗)など、奥州平泉文化の史跡・文化財の数々や、源義経(みなもとのよしつね)の史跡で知られる、東北地方を代表する観光地の一つ。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

岩手県西磐井郡平泉町の関連キーワード岩手県西磐井郡平泉町平泉岩手県西磐井郡平泉町長島柳之御所平泉文化遺産センター別当達谷西光寺毛越寺宝物館毛越寺の延年三枚山金山無量光院跡達谷窟衣川館金鶏山枯山水毛越寺高館

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android