岩手県西磐井郡平泉町(読み)ひらいずみ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕平泉〈町〉(ひらいずみ〈ちょう〉)


岩手県南部、北上盆地南部の町。西磐井郡
古代には東北経営の拠点。平安時代末期から鎌倉時代初期には奥州藤原氏三代の本拠地として繁栄した。国宝の中尊寺金色(こんじき)堂や衣川館(ころもがわのたち)跡、国の特別史跡で特別名勝でもある毛越(もううつう)寺(天台宗)など、奥州平泉文化の史跡・文化財の数々や、源義経(みなもとのよしつね)の史跡で知られる、東北地方を代表する観光地の一つ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android