コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩本乾什(初代) いわもと けんじゅう

1件 の用語解説(岩本乾什(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩本乾什(初代) いわもと-けんじゅう

1680-1759 江戸時代中期の俳人。
延宝8年生まれ。江戸新吉原の妓楼天満屋(一説に雁金屋)の主人。岩本子英にまなび,その死後水間沾徳(せんとく)の門人となる。乾什座の祖。宝暦9年2月17日死去。80歳。弟子の大塚雪斎によって追善集「毛登濃美津(もとのみづ)」があまれた。通称は仁左衛門。別号に左英,呉丈,千歳児,満足庵,酒為郷など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岩本乾什(初代)の関連キーワード羅城笠井魚路喜多中和原元傘車拾翠樗雲貞佐(1)里風帒一