コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩本乾什(初代) いわもと けんじゅう

1件 の用語解説(岩本乾什(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩本乾什(初代) いわもと-けんじゅう

1680-1759 江戸時代中期の俳人。
延宝8年生まれ。江戸新吉原の妓楼天満屋(一説に雁金屋)の主人。岩本子英にまなび,その死後水間沾徳(せんとく)の門人となる。乾什座の祖。宝暦9年2月17日死去。80歳。弟子の大塚雪斎によって追善集「毛登濃美津(もとのみづ)」があまれた。通称は仁左衛門。別号に左英,呉丈,千歳児,満足庵,酒為郷など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩本乾什(初代)の関連キーワードナポリ王国徳川家綱難波鉦徳川家綱句合大英博物館河北門小鵜飼船太田全斎ゴドウィン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone